bq2050H Gas Gauge ICツールでバッテリーをテストする(一)

bq2050Hは唯一比較的に簡単なGauge ICを構築して、リチウムイオンdell inspiron 6400バッテリーの2連、3連、4連の組合せの容量が計算する上に使います。


それはsingle-wire HDQの方法を採用してHOST端と通信をして、bqと2040、 bq2060, bq2063はSBS(Smart Battery Syatem)の2線式の通信を使って(上述のICもsingle-wire HDQ方法で選ぶことができる)に異なります。


bq2050Hが使うのは非常に簡単で、その原理は、最後に一回でdell inspiron 6000バッテリーを放電して数を数える総合、次に充電するために完成したことをした後に、100%の容量。


CELLとGauge板がつながる時に後で、それの自身は決してどれだけがまだいる不完全な容量を知っていなくて、だから、彼は設定の容量を-PFC(Programmed Full Count)がLMD(Last Measured Discherg register)を埋めることに値します。


この時に彼のlearn学習を行う動作に対して、まず充電して、apple macbook pro 15 inchバッテリーを担当して守って、充電したの同時に、NAC(Nominal Available Capacity register)も数を数えることを始めて、bq2050Hは守る条件を担当するのがNAC=LMDなことを判断して。


しかし初めて充電して、バッテリーの内に自身が不完全な容量があるため、だからNACはきっとLMDより小さくて、だから担当して守る後で、NACでしょう、書いてLMDの値に入って、この時にICは知っていて、今100%の容量でです。


再び来てバッテリーに対して放電して、IBM thinkpad t60バッテリーが放電することを始める時に後で、内部DCR(Discharge Count Register)は計算を始めて、NACも下がるへできてゆっくりする、NACの値が最小で"0"で。


もし電気量(DCR)を放すならばNACより高くて、"0"に着く時下落へ、放電してEVD1(Final end-of-discharge warning)まで(へ)測って着くことを探られる時、DCRの値は保留しておかれて、再びtoshiba pa3534u 1basバッテリーに充電する動作がある時、DCRは書かれてLMDの内に入って、次回担当するために時100%の容量を守ることをします。

发表留言

秘密留言

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友