液晶スクリーン保養の10細部

七、、湿っぽく,温度差を免れるべきです


水分は液晶の“天敵”で、だからくれぐれもいかなる水分を持つものをLCDに入れない。コンピュータの辺が水を飲む以外に上の言うことを免れるを除いて、機械の保存を湿っぽい所でまだに注意しなければならなくて、深刻な湿気は液晶のディスプレイの内部の部品を損ないます;冬と夏で、収支は“結び目が現象を現す”の発生を招く暖房あるいはエアコンの部屋の時の温度差があって、ユーザーがこの時LCDが電流を通すことにあげる時、液晶の電極の腐食を招いて、耐久度の損害をもたらします。


先に、注意してこのような情況の発生を免れるので、普通は温度の変化は少なくとも10℃/10分より大きくないでください;発生のこのような情況もいったん慌てふためかないでください、もし起動する前にただスクリーンの表面が霧があることを発見するならば、柔らかい布でそっと拭いてしまってすんで、それから再び起動します。


もし水分はすでにLCDに入るならば、LCD方を比較的にあたたかい地方で(もちろん怒ってあぶることに置くことができない)だけが必要で、例えば電気スタンドの下で、中の水分を次第に蒸発してしまってすみます。もし梅雨の季節にならば、たとえノートを使いませんますとしても、みんなは要して定期的に電源をつないで、機械を一定の時間に運行させて、それによって加熱の部品は湿気を散らして、そしてノートのかばんの中でできるだけ1パックの湿気(高潮)を防ぐ剤を放つ方がよいです。


八、時間、光度はよくとらえます


ノートパソコン液晶スクリーンの使用寿命の普通な製品に表記する規格は5年です。それは光線がとどかない明かりの管照亮を使って、明かりは使用寿命のがあるのなことを管理して、ここの言った使用寿命の主要な指のは光度の指標で、製品に表記する規格時間以降に液晶スクリーンの光度を達成して大体において半分減少しました。これはどうしてノートパソコンは長くなったスクリーンで黄色の原因を出します。


別に、LCDの図形のユニットは多い液体の結晶から構築したので、連続して長い時間の明らかに示す1種の固定的な内容の時にで、一部の図形のユニットは過熱損害をもたらして、いったん損害は発生したら、耐久度の、修復性ので、だからこの問題に対してやはり十分な重視を引き起こします。


もちろん、工夫を凝らしてノートの使うこと時間の別に1つの現実的ないい方法でないことを減らして、結局コンピュータは持って来て使ったのです。私達はしばらく離れることができる時、パワーマネジメントの中で比較的に短いスクリーンを設けて閉めて時間が明かりの管理する損耗(一部の機械がショートカットキーを通じて(通って)急速にスクリーンを閉めることができるのが光線がとどかない、このように更に便宜を図る)を減らしにきます;ふだん使う時スクリーンの光度を適切なランク(具体的なランクがあなたの環境を使う光線と個人の習慣必ず)に異動になって明かりの管理する老化するスピードを遅らせにくることができます;普通は、LCD長い時間を起動する状態(連続72時間の以上)がないでください;注意のを必要とするのは、LCDはCRTの表示の原理と違い、操作がない時スクリーン・セーバーを使うのは効果がないので、この時光線がとどかない明かりは同様に照明そしてで使います。


ほかのノート知識は:


sony vgp-bps15/b


dell latitude d830バッテリー


sony vgp bps2a


Dell inspiron 1526バッテリー


dell latitude d620バッテリー

发表留言

秘密留言

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友