バッテリーの省電力の技巧 (一)

まずどうっやてバッテリーをできるだけ長い時間を使わせること研究していく:


方法の1:CPUの稼働スピードを下がります。
もしあなたの機械の持参していないパワーマネジメントならば、バッテリーを使う時、XPのパワーマネジメントを設けて“最大のバッテリーのモード”あるいは“/小型の式を携えます”になります。
様子は機械がバッテリーを使って電力を供給することを発見する時、できて自らCPUスピードを下がって、このように大量の電力を下へ節約することができます。主人はしきりにもっと高いプロセッサーです、周波数の下がること幅はもっと大きくて、すぐもっと多い電力を節約して残すことができます。


方法の2:スクリーンの光度を下げます。
使うのが快適なことと適度に少し矛盾して、光度は低ければ低いほど省電力になって、しかし光度が低すぎて見たところまた気分が悪くて、個人の経験は光度を半分に置くのがあちこち比較的に適当です。当然にあなたはもし受け入れることができるならば、光度を更に加減するのが更に低いことができます。その他に、スクリーンの寸法はもっと大きくて、光度はニュース影響をつぶすことに対してももっと大きいです。


方法の3:正しくパワーマネジメントを設けます。
あなたの受け入れることができる範囲内、ハードディスクとスクリーンを休眠の時間機会を待ってあるいは設けるのができるだけ短いことに入ります。
多い友達は聞くことができ(ありえ)て、一体選択が“機会を待ちます”の状態に入るのが良いですか?まだ“休眠”の状態が良いですか?両者の中でどれは更に省電力ですか?解答は必ず情況を使うことです。
実は両者の違いは:機会を待つ時系統的にデータをメモリまで(へ)保存して、このような美点は機械の呼び覚ます時間が短くて、過程を呼び覚ましてニュースをつぶします少なくて、しかし機会を待つ過程の中で、機械はメモリの中のデータを維持するため、ゆっくりとバッテリーの電気量を使うことができ(ありえ)ます;休眠の時に、システムはデータをハードディスクまで(へ)保存するので、完成の後で完全にニュースをつぶさないで、しかし休眠に入ってと呼び覚まします時すべて多くの電力を使いなければなりません。
人の経験はもし1時間以内コンピュータを離れるならばで、機会を待つのは休眠より省電力になって、もし長い時間は離れるならば、休眠の方式が比較的に省電力です。もちろん、省電力な方式は更に“機械の電源を消します”であることができて、ほほほ!


方法の4:できるだけ外部の設備をはずしなさい。


PCカードを含んで、赤外線のポート、無線のLANボード、特にできるだけUSBハードディスクとUSB光電気のマウスにつながらないでください方がよいことに注意して、とても数人はこの2種類のUSBの設備が実はとてもニュースをつぶすことを知りません。もしできるならば、光学ドライブさえできるだけ使わないでください方がよいです。


ほかのバッテリー知識は:


IBM 40y7001バッテリー


apple a1185バッテリー


dell xps m1210バッテリー


dell inspiron 1520バッテリー


sony vgp-bps13a/sバッテリー




发表留言

秘密留言

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友