液晶スクリーン保養の10細部

ノートの最も高い地方は何なことを知っていますか?液晶スクリーンです.機械の総価格の40%までを占める.

まして,ノートの液晶スクリーンの寿命は普通5年だけあって、そのため,私達はふだんノートパソコンを使うとき,ノートの液晶スクリーンの保養を注意するべきです.具体的に,どのようにノートの液晶スクリーンを保養するか?


では,下記の文章をお読めください。本文はノートの液晶スクリーンの保養について,注意を必要とする10の細部を並べ出し、みんなに役に立つことを望みます。


ノートパソコンの採用したLCDは普通TN、STN、DSTN、HPA、TFTに分けることができて、その中でTN、STNは現在ほとんど採用しなくて、私達よくみるのはTFT,DSTN、HPAを採用する型番,その中,またTFTは最もよくある。本文主に現在に対して比較的に熟している、応用の最も普遍的で広範なTFT(Thin Film Transistor)、しかしその他の種類LCDについても大体において適用できます。


一、ノートのトップカバーは"オブジェクトステージ"ではない

みんながこのような経歴があるのではないかが分からない:時に,ノートパソコンを持ち運ばなければならなくて、機械を持つを除いて、外とマウスなどのものをつなぐ電源アダプターがあって、この時に2匹の手は足りませんでした。友達がいくらか便利のため、これらのものをノートのトップカバーの上でひと山へ(筆者がまたトップカバーの上で多くの冊の分厚い書物の本を積み上げたことがいることを見てことがある)に運んでいきます。便利にのが便利になって、誰が分からないで、多くのノートパソコンのトップカバー設計と製造の強さの上で十分に決してこのようなことのそのひずみを保証しなくて状況でLCDに影響することはでき(ありえ)ない。


みんなはあなたの指をすこし試用して少し力を入れてノートのトップカバーを型から押し出すことができて、多数のノートのスクリーンの上で対応する部位は水の波紋の現象が現れます。液晶のディスプレイは何階の構造があって、それらは順次:垂直で線形の偏光器、ガラスの薄片、透明なX電極、校准層、液体の結晶は流れて、校准層、透明なY電極、ガラスの薄片、レベルが線形でつやがある器を編みます。これらの材料はしかもきわめて容易な破損がまたとてももろくて弱くて、だからいったん外部はその施力に対して大便を過ぎてLCDに対して修復しにくい損傷をもたらすでしょうたら。 一部のノートはこの点を考慮に入れることがで、トップカバーに対して特殊なのが設計するか強化することを行いました。


IBM ThinkPadいくつかの型番のノートパソコンのようですチタン合金の外側を採用して、しかもその分厚くて広いフレームの設計は一定の程度の上でLCDを保護して外部からの力の衝撃所の持ってくる損失に受取るのを免除します;SONY R505シリーズのトップカバーの弧度設計、その原理は中国の伝統のアーチ橋のようで、だからR505AFCのトップカバーが材料を使うがが比較的に薄くて、しかしこのような構造を通じて(通って)とても良いトップカバーの強さを獲得して、手で抑えつけてスクリーンの背面のトップカバーのスクリーンの上にいかなる水の波紋の出現がなくて、このような設計は称賛に値したのです。


ほかのノートブック知識は:


hp pavilion zv5000バッテリー


compaq nc6400バッテリー


apple powerbook g4 12 inchバッテリー


acer batbl50l6


acer aspire 3000バッテリー

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友